WordPressサイトのフォームから急にスパムメール多発した時はこれで解決!スパムコメントも!

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

急にスパムメールがたくさん届き始めることがある

これまでWordPressサイトを多数運営してきたが、ある程度のPV or 運営日数が経つと、海外スパマーに目をつけられるのか?急にスパムメールが大量に届き出すことがあります。同じような経験をしている方も多いことでしょう。また、これから同じ経験をする人もいるでしょう。ということで、そんな時の解決方法をここに残しておきます。

ちなみに迷惑メールは、様々なIPアドレスから英語のみでリンク付き。送信ページは多岐にわたります。頻度は数分に1通。もうイヤになりますよねw
早めに解決しておきましょう。

Contact Form7を使っている

今までずっと和製フォームのcontact form7を使っていたことも関係あるのかわからないが、スパムメールはContact Form7で作成したフォーム経由で送られてくる。

もちろん他のフォームからもたくさん送信されているのでしょうけど。今回はContact Form7でのスパムメール撲滅方法を紹介します。

reCAPTCHA(リキャプチャ)で簡単に解決できる

CAPTCHAと聞くと、フォーム送信前に「ロボットではありません」を証明するために横断歩道や信号機の写真を選択させられるやつだと思ってしまいがちです。

が、時代は変わり現在ではreCAPTCHA v3となっております。つまり写真選択していたv2は古い昔のシステムで今は次のバージョンになっているということです。
※今でもreCAPTCHA v2を現役で使ってるサイトはたくさんあります

仕組みは割愛しますが、リアルなユーザーには何も負担のないシステムで、スパムのみ排除してくれる画期的システムです。

Google製品ということで、比較的安心して使うことができます。

reCAPTCHA v3の設定方法

ハッキリ言ってめちゃくちゃ簡単です。

まずはこちらのページへ
https://www.google.com/recaptcha/intro/

コンソール画面に移動しましょう。

+ボタンから新規作成しましょう。
サイト(ドメイン)ごとに作成する必要があります。

あとは、ページ内の説明通りに進めていきます。めちゃくちゃ簡単なので割愛しておきます。
最終的にサイトキーシークレットキーが発行されます。

WordPress管理画面 > お問い合わせ > インテグレーション > reCAPTCHAのインテグレーションのセットアップ

ここで、reCAPTCHAコンソール画面から作成したサイトキーシークレットキーを入力します。

以上。

 

サイトを開いて全ページの右下に↑このマークが表示されてればOK!

スパムコメントも届き始めることがある

スパムメール以外にも、古い記事にスパムコメントが付き始めることが多々あります。

多くがパチもんのルイヴィトン営業など。全く必要ない。

コメント不可にしているサイトでは影響ないし、コメントを許可しているサイトでも、サイト運営者が許可したものからページに掲載される設定にしておけば、管理画面上にコメント表示待ちが貯まる程度で、大きな影響はないのですが、問題なのはコメントが瞬時にページ反映される設定にしている場合。

この場合もフォームからのスパムメール送信同様にreCAPTCHA v3で解決できます。

ぜひスパムメールやスパムコメントで困っている人がいたら試してみてください。

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

楽しかったらシェアお願いします^_^