WordPressでログインしたら「このページは動作していません 「ドメイン名」 からデータが送信されませんでした。 ERR_EMPTY_RESPONSE」解決方法

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

人気のおすすめ記事

  1. 【悪用厳禁】マクドナルドでポテトやドリンクを無料で貰う裏ワザ!
  2. 無料でhuluの映画/ドラマ/アニメが見放題!?
  3. 駐車場代を無料にする裏技
  4. LINEの無料通話の品質を上げる裏技
  5. スマホの通話料金を劇的に下げる裏ワザ!
  6. タバコ&コーヒーで・・・これ以上は見ない方がいいw
  7. iPodやタブレットでLINEを使う裏ワザ!もちろん通話も無料!
  8. 当サイト管理人がヤフオク詐欺にあった話...
  9. 4月5月6月7月に大量発生!小さい赤いクモの正体はコイツだ!駆除方法は?

マジでビビりました。
WordPressにログインしようとしたら突然のエラー。

おもろいやんけ!戦ってやるけん!

さっそく事例がないかググってみた。これってよく考えると医者が手術する時に論文から前例を探すようなもんですね。なんだかかっこいい。

で、早速答えにたどり着いてしまった。
断っておくが、これが根本的な解決方法なのかはわからないです。たくさんある論文の一つに心当たりがあったので、試してみたら一発で解決したというだけです。

結論
「broken-link-checker」というプラグインを無効化することでwp-admin.php(ダッシュボードページ)がエラーなく表示されるようになった。

しかし、全日にプラグインを更新したり、WordPress本体の更新を行ったり、他のプラグインを追加したりなどなど、つまりシステムに関することに何一つ手を触れてないのに急に「broken-link-checker」が悪さをしだしたのだ。
まったくもって謎である。

解決方法としては、「broken-link-checker」の名称の先頭に_を付けて「_broken-link-checker」という名前に変更。これで無効化できます。
しかし、素人さんには難しいFTPでサーバーに接続して内部ファイルの名称を変更するという高難度な技です。
ここまでの内容で意味不明な文言が出てきた人は、素直にWEBが分かる人にお願いしたほうがいいです。

では皆さんの健闘を祈ります。


人気のおすすめ記事

  1. 【悪用厳禁】マクドナルドでポテトやドリンクを無料で貰う裏ワザ!
  2. 無料でhuluの映画/ドラマ/アニメが見放題!?
  3. 駐車場代を無料にする裏技
  4. LINEの無料通話の品質を上げる裏技
  5. スマホの通話料金を劇的に下げる裏ワザ!
  6. タバコ&コーヒーで・・・これ以上は見ない方がいいw
  7. iPodやタブレットでLINEを使う裏ワザ!もちろん通話も無料!
  8. 当サイト管理人がヤフオク詐欺にあった話...
  9. 4月5月6月7月に大量発生!小さい赤いクモの正体はコイツだ!駆除方法は?
amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!
WordPressでログインしたら「このページは動作していません 「ドメイン名」 からデータが送信されませんでした。 ERR_EMPTY_RESPONSE」解決方法