WordPressの投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプをCSVで管理更新する方法

GoToトラベルキャンペーンでお得に旅行する方法はこちら!

WordPressでWEBサイト運用していたら度々訪れるCSVで一括登録したい欲

特に需要があるのは商品データの一括登録とかじゃないでしょうか。

【結論】CSV更新は意外と簡単にできます!

ということで、カスタム投稿タイプが設定されていない場合(投稿と固定ページ以外の投稿がない場合)は無料でできます。
テーマによってはカスタム投稿タイプが設定されており、投稿と固定ページ以外に「お知らせ」や「商品ページ」などの項目がある場合もあります。
その場合は、別途有料アドオンを購入する必要がありますが、1000円程度のものなので、買っちゃいましょうwその方法も下の方に書いてます。

投稿と固定ページをCSVで更新するためのCSVをダウンロードする

WP CSV Exporter

WordPressのデータをCSVで出力するためのプラグインです。
これをインストールして有効化しましょう。

WP CSV Exporter

あとは、ツール > CSV Export から任意のデータをダウンロードするだけ。

ダウンロードしたデータをEXCELやNumbers、Googleスプレッドシート等で開き、編集します。

CSVで投稿や固定ページを更新する方法

Really Simple CSV Importer

このReally Simple CSV ImporterはCSVをインポートして商品登録や更新するためのプラグインです。
同様にインストールして有効化しましょう。

Really Simple CSV Importer

編集したCSVをアップロードするには、
ツール > インポート > CSV インポーターの実行

これで、先程編集したCSVを選択してアップロードすれば、無事更新されると思います。

投稿や固定ページをCSVを使って新規で登録する方法

WP CSV Exporterを使ってダウンロードしたデータを書き換えて新規登録をしましょう。

間違ってはいけないのが、先頭列の「post_id」と「post_name」です。
これはページごとに違うものに設定しておかなければいけない項目なので、他のページのものと重複しないよう気をつけて、任意の数値と文字列を入力しておきましょう。
※「post_id」は数値のみです
※「post_name」は投稿時タイトル下にあるパーマリンクの部分です

このファイルをアップロードすることで、新規で投稿や固定ページを作ることができます。
大量のページをまとめてアップしたい時などに便利ですね。

お知らせ等のカスタム投稿タイプをCSVでダウンロードしたりページ作成する方法

ここからは少しだけお金のかかる話になります。
テーマによっては「投稿」と「固定ページ」以外に「お知らせ」や「商品ページ」などの投稿タイプがあると思います。
これらに関しては「WP CSV Exporter」の基本機能だけではCSV出力することができないので、有料アドオンを購入する必要があります。
とはいえ、買い切りでたったの9.8ドルです。(日本円で1097円 ※2020/05/19時点)
仕事で使うならパッと買ってしまいましょう!
アドオンの購入はCSVダウンロード画面から飛んでいけます。
支払い方法はクレジットカードかPayPalです。

アドオンを購入すると、購入完了画面、または購入後送られてくるメールからアドオンファイル(wce-with-post-type.zip)をダウンロードすることができます。

ダウンロードしたwce-with-post-type.zipをプラグインとしてアップロードして有効化します。

たったこれだけで、「WP CSV Exporter」でカスタム投稿タイプもダウンロードできるようになります。

カスタム投稿タイプでの投稿分をダウンロードしたCSVファイルは、通常よりも項目が多くなっておりますが、編集する部分はすぐにわかると思います。

編集したCSVファイルをそのままアップロードすれば、カスタム投稿タイプページを新規で作成したり、更新したりできます。

めちゃくちゃ便利!

これを活用すれば、楽天市場やヤフーショッピングの商品データをダウンロードしてWordPress内にグワーッと一瞬でCSV登録できちゃいますね。
他にもいろんな便利な使い方ができると思うので、ぜひ活用してみてください!

GoToトラベルキャンペーンでお得に旅行する方法はこちら!

楽しかったらシェアお願いします^_^