iPadProユーザーに告ぐ!MagicKeyboardよりマウスの方がいいよ

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

iPad用のMagic Keyboardをエディオンで見てきた

あっ!あった!という感動と共に押し寄せてきたコレなんかチャチそう〜感。

まあでもAppleが作っているということでやっぱり気になる。というかiPad Pro12.9の第三世代を活用している身としてはどちらかというと欲しかったぐらいのアイテム。

Magic Keyboardの打鍵感は?

ディスプレイとして置いてあったのは自分の持っている12.9インチもでるではなかったけど、打鍵感はスマートキーボードフォリオと比べるとかなり良い!(自分はスマートキーボードフォリオの軽〜い感じの打鍵感も大好きなのですが)

そしてやはりトラックパッドです!

Magic Keyboardのトラックパッドはどんな感じ?

実際に触ってみるとわかるのですが、想像以上に小さいです。でも、しっかり端から端までカーソル移動できます。しかもかなりスムーズ。ASUSのChromebookに搭載されてたトラックパッドはヒドかったな〜(遠い目)。

この辺りはさすがアップル!と思いました。

そして、トラックパッドの4角でどこでもクリック可能。WindowsPCのトラックパッドのほとんどはトラックパッド下部でしかクリックできないので大変なんです。さすがApple!

iPadにトラックパッドは思っていたより便利そう

Numbersでの操作が良い

Numbersで複数セルを選択してみたのですが、かなりスムーズに操作できる!

iPadのタップでは操作がしにくいけどトラックパッドならラクラクというトラックパッドを一番推せる部分ではないだろうか。

テキスト上でのカーソル移動

テキストを打っている時のカーソル移動ってほんとイライラするんですよね。思いどうりの場所にうまく移動できない。自分はスマートキーボードフォリオを使うときは矢印キーで操作してます。

この時ばかりはほんとにMagic Keyboardの本領を発揮したと感じました。ノンストレスでサッとテキスト上をカーソル移動できるのです。これはiPadユーザーマジで感動するので、家電量販店に急いでください。

アプリ切り替えがスムーズ

トラックパッドを3本指で左右にスライドすることで簡単にアプリ間移動ができます。

もちろん上下スライドで使っているアプリ一覧画面になったりと、MacBookとほぼ同じ挙動なのが嬉しい!

画面の角度調整

面白いのが、iPadの角度調整。キーボードに対して90度より手前に倒すことができるので、寝転びながら動画鑑賞とかする時に便利だろうな〜と思いました。

iPadに求めるもの

MacBook Proにはなくて、iPadに求めるものは

・機動力
・軽さ
・手軽さ

ではないでしょうか。

特に機動力に関してタブレット端末は最強です。
思い立ったらすぐに検索できるし、ゲームできるし、動画も観れる。ブログだって書けます。
パソコンじゃできることが多すぎて寄り道が増えてしまうんですよねw

Magic Keyboardのデメリット

Magic Keyboardはデメリットが目立ちます。

実際に触ってみた結果、まだまだMagic Keyboardは完成品ではないなと感じました。

まず、重い。この重量感だと頻繁に持ち歩くのは遠慮したい気分に陥ってしまいます。

そして、途中までしか開かない!iPadを最後までバタンと倒したい!

気になるのはこんなところかな。

iPadに求めるものとMagic Keyboardに求めるものをちょうど良い感じに妥協した結果がマウス

結論として、Magic Keyboardまで買わなくてもマウスで十分だよねという話。

マウスを使うことで得られること

Numbers等で複数セルの選択をしやすい

これはMagic Keyboardのトラックパッドと同じです。マウスでも同様の操作ができてしまいます。

もちろん、commandを押しながら飛び飛びにセルを選択することも可能です。便利。

カーソル移動がラクラク

これもMagic Keyboard同様にラクラクです!というかトラックパッドより使いやすいかも。

スライド操作はできない

トラックパッドと比べて唯一ダメな部分じゃないでしょうか。スライド操作はできません。
ただ、そんなにスライドでアプリ切り替えたりしないので、あまりデメリットにも感じない。
キーボードとiPadの画面下って近いので、打ってる最中にシュッと指を伸ばせばアプリ切り替えできてしまいます。

画面角度幅の調整

さすがにマウスでは画面角度の調整はできません。Magic Keyboardに軍配は上がります!
スマートキーボードフォリオでは2ヶ所の角度調整しかできません。これはMagic Keyboardを使わない唯一のデメリットかも知れません。

軽い

実は、iPad用のMagic Keyboardはめちゃくちゃ重い。
自分の使っている12.9インチのMagic Keyboardだと約700gもあるのだ。

iPad Pro12.9本体が約640gなので、本体よりも重いのです。

ちなみにスマートキーボードフォリオは約400g。

iPad Pro本体より重いMagic Keyboardはお世辞にも持ち運びに適しているとは言い難い。

よって、必要な時だけ持ち運べるマウス+スマートキーボードフォリオの組み合わせが最強なのではないでしょうか?

Magic Mouseは使いにくかった

何を隠そうApple信者なのにiPadではWindowsのarcmouseを使ってます。

なぜなら、Magic Mouseも試したのですが、カーソル移動幅が短い!つまり動作が遅いのです。非常に残念。

なので、仕方なくarcmouseを使っているわけです。が、このマウスは形状からして使いにくいw

みなさん、おすすめのマウスがあればぜひ教えてくださいね。

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

楽しかったらシェアお願いします^_^