総務省が発表したSIMロック解除の義務化とは

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

人気のおすすめ記事

  1. 【悪用厳禁】マクドナルドでポテトやドリンクを無料で貰う裏ワザ!
  2. 駐車場代を無料にする裏技
  3. LINEの無料通話の品質を上げる裏技
  4. スマホの通話料金を劇的に下げる裏ワザ!
  5. iPodやタブレットでLINEを使う裏ワザ!もちろん通話も無料!
  6. 当サイト管理人がヤフオク詐欺にあった話...

総務省が発表して話題になったSIMロック解除の義務付け。2015年5月から各キャリアに対して義務化されたSIMロックの解除ですが、正直意味がわからない人も多いと思いますので説明させていただきます。

そもそもSIMロックとは

SIMロックとはキャリアで購入したスマホ端末を他キャリアでは使えないようにロックをかけた状態のことです。

今回のSIMロック解除の義務付けにより、例えばdocomoで買ったiPhone端末をソフトバンクへ持ち込んでソフトバンク回線で契約するということが可能になります。

しかし、ドコモもauも購入から6ヶ月経っていないと解除には応じないようです。従来ドコモで買った端末は購入直後から手数料を払えばSIMロック解除してくれてたので2015年5月以降は逆に不便になるということですね。

しかもiPhoneの6と6Plusはシムロック解除対象外となっております。ということはiPhoneをSIMフリーとして使うには購入の段階でApple Storeから直接SIMフリー端末を購入する以外の選択肢はありません。

ドコモのiPhoneを持っている人はドコモ系MVNO事業者なら格安運用が可能

ドコモ回線を使用しているMVNOが提供している格安SIMカードはドコモの端末ならそのまま使用可能なので実質的にドコモで契約している人は2年縛り後の端末で格安運用が可能となります。au系のMVNO事業者も1社mineo(マイネオ)がありますが契約期間が長く設定されてたりと正直あまりオススメできません。

格安SIM業者のほとんどはドコモ系の回線を使用しております。

同じiPhoneでもauで買った端末よりドコモで買ったiPhoneの方が価値があるということがおわかりいただけたでしょうか^^

もし中古でiPhoneを探しているなら迷わずドコモのiPhoneをゲットしてください。