SIMフリーのXperia Z Ultraに格安SIMのIIJmioデータ専用SIMを使ってみた

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

人気のおすすめ記事

  1. 【悪用厳禁】マクドナルドでポテトやドリンクを無料で貰う裏ワザ!
  2. 駐車場代を無料にする裏技
  3. LINEの無料通話の品質を上げる裏技
  4. スマホの通話料金を劇的に下げる裏ワザ!
  5. iPodやタブレットでLINEを使う裏ワザ!もちろん通話も無料!
  6. 当サイト管理人がヤフオク詐欺にあった話...

SIMフリーとは(素人向け)

SIMフリーのXperia Z Ultraと同時に注文していたのがIIJmioのSIMカードである。

格安SIMについてよく理解できていない人に少し説明。

今持ってるスマホは基本的にはdocomoかauかSoftBankでしょう。そのdocomoで買ったスマホをauに持って行っても契約してくれませんよね。というかできません。これはスマホにSIMロックがかかっているから。つまりdocomoで買ったスマホはdocomoのSIMカード(スマホの中に入っている小さいカード)じゃないと通信できませんよ〜という「ユーザーを縛るため」のロックです。

※このSIMロックについても2015年5月以降に発売されるモデルについてはSIMロック解除が義務化されるようなので基本的にはキャリア(docomoやauなど)でお願いすればロック解除できるようになるはずです。

現在docomoで購入した端末に限り別途有償(3000円)にてSIMロック解除してくれるようですが日本人が大好きなiPhoneに関してはNG。

SIMロック解除によって晴れてSIMフリー端末となれば何ができるのか?

SIMフリー端末であればどこのキャリアのSIMでも使えるようになります。docomoで買ったスマホをSIMロック解除してもらってauに持ち込んでauのSIMカードで使うといった流れです。

でも厳密にはauは他キャリアとは通信方式が違ったりといろいろメンドクサイことになりそうなので素人さんはやめといた方が無難です。

SIMフリー端末を最大限に活用する方法は「格安SIMで運用」でしょう。

最近よく聞く格安SIMとは?

大手キャリアでは月々5000円(端末代含む)は下らない支払いをしていると思いますが、格安SIMなら月々1000円以下で運用できることもあります。

もちろん格安SIM業者もSIMカードとSIMフリー端末とのセット販売をしている業者もあります。SIMフリー端末を持ってないのであれば検討の余地ありですね。

SIMカードには大きく分けて2つあります。

「音声通話機能付きSIM」と「データ通信専用SIM」です。

「音声通話機能付きSIM」とはその名の通りdocomoやau、SoftBankと同じように音声通話やインターネットを楽しむことができるSIMカードです。

「データ通信専用SIM」は音声通話ができません。ということでSMSメッセージも使えません(別途有料でSMSを追加できる業者もあり)。

「音声通話機能付きSIM」を提供している業者はだいたいMNPにも対応しているので今使っている電話番号をそのまま引き継いで使用することも可能です。

わたしがauで使っていた電話番号とメールアドレスを捨ててデータ通信専用SIMを選んだ理由

実は音声通話機能付きSIMじゃなくても音声通話は可能です。テレビCMでもお馴染みの050プラスやSMARTalkといったアプリを使えば専用の050の電話番号ももらえるので普通に発信も着信もできます。

もちろんLINEやFacebookメッセージ、iPhoneならFaceTimeを使った通話も可能です。

しかし、「通常」の音声通話はインターネットする時の回線とは別となっているので通話品質がいいのですが、先ほど挙げたような050プラスやLINEなどはインターネットと同じ回線を使用して通話するので音声に若干の送れが出たり途切れたり場合によっては通話中に切れてしまうこともあります。

なので日常的に高品質な通話を求められる環境の人は音声機能付きSIMにするべきでしょう。
逆にそうでない人はデータ専用がおすすめ。月々500円ぐらい違ってきます。オマケに通常の音声通話は高いけど050プラスなどの通話料はめちゃくちゃ安い。

なのでわたしはXperia Z Ultraに格安SIMのIIJmioのデータ専用SIMカードを注文したわけ。

IIJmioデータ通信専用SIMカードを使ってみた

で、発注から3日で届きました。

SIMフリーのXperia Z Ultraに格安SIMのIIJmioデータ専用SIMを使ってみた

うん。かわいいパッケージ。
「データ通信」と書かれておりますね。

SIMフリーのXperia Z Ultraに格安SIMのIIJmioデータ専用SIMを使ってみた

パッケージの中身はこんな感じになっております。
SIMカードとSIMカードの使い方が載っております。わたしも初めての格安SIM運用なのでドキドキですがこれがあればなんとかなりそうな感じです。

SIMフリーのXperia Z Ultraに格安SIMのIIJmioデータ専用SIMを使ってみた

Xperia Z Ultraの中から白い長いヤツを引っ張り出して、SIMトレイも引っ張り出します。
SIMトレイにIIJmioのSIMカードを載せてスマホへイン。

SIMフリーのXperia Z Ultraに格安SIMのIIJmioデータ専用SIMを使ってみた

さっそく認識してます!

NTT DOCOMOの表示がヽ(^o^)丿
docomoに戻ってきたのは(厳密には戻ってない)(IIJmioはdocomo回線の二次利用です)10年ぶりぐらいです。

SIMフリーのXperia Z Ultraに格安SIMのIIJmioデータ専用SIMを使ってみた

もちろんLTEもキャッチしてます!
でもなぜか不思議ちゃん。この端末の電波表示は4本あるのだが今まで最高でも3本までしか表示されなかった。でも格安SIMならよくある話らしいので気にしないことにしたww

そして地方の都市部でも1本や2本しか立たないことがよくある。が通信はバリバリできているのでこのあたりも気にしないことにしたww

とりあえずdocomo回線ということなのかSMARTalkでの通話は良好です。

年間20万円の節約ができる格安SIMカードに変更しませんか?毎年家族で沖縄旅行できちゃいますよ!
SIMフリー端末じゃなくてもdocomoかauのスマホを持ってるならそのままIIJmioの格安SIMカードを挿しこんで使うことができます!
私は使いはじめて2年経ちますが通信スピードに不満なし!SIMカード枚数も増やし放題でかなりいいです^^
自信を持っておすすめできる格安SIMです!