ソフト

ロボフォーム(Roboform)のデータを誤って消してしまった!データのバックアップや復元の方法は?

人気のおすすめ記事

  1. iPhone7/iPhone7Plusユーザー必見!ApplePayは設定した?生活が変わるよ!
  2. スマホの通話料金を劇的に下げる裏ワザ!LINEの無料通話じゃなくて電話番号での通話やで!
  3. iPodやタブレットなど「電話番号のない端末」でLINEを使う裏ワザ!もちろん通話も無料!
  4. ヤフオク詐欺にあった話...これ見て勉強したうえで笑ってやってください...

ロボフォームを使い始めた理由

わたしはもうロボフォームを使い始めて5年ぐらい経つと思う。
なぜ使い続けるかは使い続ける人ならわかると思うが、活用スタイルが違う人もいるかも知れないのでわたしの使い方を紹介しようと思います。

最初は無料のお試しロボフォームを使ってたんですが、その時すでに虜になってしまってました。
1クリックでログインページを開いてIDとパスワードを入力してログインまでしてしまえるのです。
それがロボフォーム!!!
最近ではAppleのキーチェーンや1パスワードというアプリが出てきてますが、わたしはもっぱらロボフォームオンリー!
ロボフォームはロボフォームエブリウェアというクラウド上のデータをMacやWindowsPCをはじめ、タブレットやスマホでも常に最新のデータで同期してくれます。

例えばクライアントのWordPressサイトを出先でちょちょいとイジろうと思えばスマホだけあれば大丈夫なわけです。
自動で最新の状態になるってのが最高に便利なのです。

Macユーザーは誤って削除してしまったロボフォームのデータをバックアップから復元できるのか?

実は大変なことをしでかしてしまいました・・・
ロボフォームのデータを整理してたら・・・
誤ってログインデータ全てを削除してしまったのです(,,゚Д゚)
もう本当におしっこチビリました。

銀行のログイン情報やドメイン、サーバー、クライアントサイトなど全てのログインデータが消えてしまったのです。

削除して何もかもが無くなった状態を最新の状態だと思ったロボフォームは早速クラウドと同期しちゃいまして・・・

もうダメポorz

スマホアプリでロボフォームを開いても全て消えてました・・・。

何とかして復旧できないものかとロボフォーム公式サイトで調べてみたけどかなり古い情報ばかり。しかもWindows版アプリ。見た目もメニュー内容もMacの最新版ロボフォームとは全く違うのだ・・・
その中にはデータのバックアップや復元というメニューが用意されていたのだが、わたしのMacにインストールされているロボフォームにはそんなもんない!!

絶望の淵に立たされたわたしの目に映ったひとつの希望。それが普段全く使うことのなかったMacBook Air11(2011モデル)である。

たまたまですが最近1回だけ立ち上げた時にロボフォームが最新の情報に同期してたので、もしかしたらそのデータをどないかしたら復元できるんじゃないかと!

結論!Macユーザーが削除してしまったロボフォームデータを復元するにはバックアップデータを取ってないとムリ

結論を出してしまいました。。。
もし藁にもすがる思いでこのページを閲覧してくれている方が1台のMacでロボフォームを活用してて、データを誤って削除してしまったのであれば、、、諦めるしかないです。。。

しかし、会社のPCでも使ってる!とか、わたしのように普段使ってないけど古いMacやPCで使ってた!という人はまだ救済措置があります。

まず、家中(社内)のWiFiをOFFにしましょう!もちろん有線LANならケーブルを外しておく。
Macを立ち上げても絶対にネットに接続しない環境にするのだ。

次に、Macを立ち上げたらまずはネットに繋がってないことを確認し、ロボフォームを立ち上げよう。
そこにデータが残っていたらとりあえず嬉しそうな顔でもしましょう^^

ロボフォーム バックアップ

ファイル > リストを印刷 > ログイン
この流れで印刷してしまおう!この段階でかなり落ち着きを取り戻せます。
もしプリンターが無線接続の場合はログインデータをPDFで保存しておきましょう。

次に本題です。

古いMacに残ってるロボフォームデータを抽出します。
データのある場所はこちら。

ロボフォーム バックアップ

ファインダー > Logins
この中が実はロボフォームのファイルなのである。つまり、このデータ全てをデスクトップにでもコピーしてしまおう。
この段階で満面の笑みが広がることでしょう。

データのバックアップが取れればドロップボックスやUSBメモリーなどにそのロボフォームバックアップデータを入れて、普段使ってるMac(ロボフォームのデータ消してしまった方)のLoginsに上書きしてしまおう!

ここで初めてWiFi接続OKとなります。
ロボフォームを立ち上げると「現在の状況」を最新のデータとして処理してクラウド上に同期してくれます。

やっと復旧できたわけです!

教訓!ロボフォームのバックアップデータは定期的に取っておこう

本当に教訓となりました。
ロボフォームのバックアップデータ(Logins)は定期的にバックアップ取っておかないといけません。
もちろんログインデータは印刷もしてるほうがいいです。Macがクラッシュしたらオシマイですからね。

まあ、ロボフォームに限らずデータは常にバックアップとっておくべきですね。
MacユーザーなのでTimeMachineは活用してるのですが、さすがに復元してもロボフォームを立ち上げればクラウド上のデータと即同期してしまうのですよ・・・^^;
皆さん気をつけてくださいね。

お役立ち情報をもう1記事読んでみませんか

  1. マクドナルドでポテトやドリンクを無料で貰う裏ワザ!※悪用厳禁
  2. Facebookの投稿を本当に仲の良い友達だけに公開する方法!
  3. これでiPhone7への機種変更も安心!超簡単LINEのトーク履歴引き継ぎ方法

関連記事

  1. Macでブログ書いてる人はデジカメで撮った写真サイズを圧縮してからアップしよう!複数枚でもプレビューからラクラクサイズ変更できるよ
  2. ソフト

    Final Cut Pro X でYouTubeチャンネルに直接動画をアップロードする方法

    Macユーザーで動画作成となるとiMovieが有名ですが、そのもう1ラ…

最近の記事

  1. 早速ニンテンドースイッチを予約してみた!転売ヤーはほんとに滅んでほしい!
  2. 楽天で買い物したら楽天ラッキーシールがついてた!楽天正気なのか?
  3. かにかにエクスプレスのレビュー!香住でカニ!餘部鉄橋!城崎で温泉!
  1. 自腹購入アイテム

    朝マックのビッグブレックファストが残念すぎておもしろい
  2. 裏ワザ

    ホテルに格安で宿泊するにはこの方法がおすすめ
  3. 間接痛の予防にはこれを食べる

    健康・病気

    間接痛の予防にはこれを食べる
  4. 自腹購入アイテム

    IKEAの激安デスクとチェアがオシャレ過ぎて困る
  5. 格安SIM

    タブレットでも格安SIMは使えるのか
PAGE TOP