男性と女性の太り方は全く違う!40代後半から急に太ってしまった女性は要注意

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

人気のおすすめ記事

  1. 【悪用厳禁】マクドナルドでポテトやドリンクを無料で貰う裏ワザ!
  2. 駐車場代を無料にする裏技
  3. LINEの無料通話の品質を上げる裏技
  4. スマホの通話料金を劇的に下げる裏ワザ!
  5. iPodやタブレットでLINEを使う裏ワザ!もちろん通話も無料!
  6. 当サイト管理人がヤフオク詐欺にあった話...

男性に比べて女性はメタボリックシンドロームの割合は少ないです。
これは女性特有の女性ホルモンの働きが大きく関係しております。
女性ホルモンは食べ過ぎや運動不足で蓄えられる脂肪を内蔵ではなく皮下脂肪として皮膚のすぐ下に溜め込もうとしてくれます。

内蔵脂肪の怖さはこちらを読んでいただけるとわかると思います。

良くも悪くも脂肪を皮下に蓄えるので内蔵脂肪を溜め込むことで発生するメタボリックシンドロームになりにくいのです。このことから女性が生活習慣病で苦しむということは男性と比べると少ないということがわかると思います。

しかし、40代後半ぐらいからは事情が少し変わってきます。
女性は閉経することで女性ホルモンが激減します。今まで脂肪を皮下に蓄えるという仕事をしてくれていた女性ホルモンが激減することで男性と同じように内蔵脂肪として蓄えられるようになるのです。
しかも代謝を大きく左右する筋肉量も男性に比べ少ないのでどんどん内臓脂肪は増えていきます。
40代後半から50代ぐらいで急にお腹まわりが太ってきたという人!それは危険信号です。

しかし、皮下脂肪と比べて内臓脂肪はその特性上運動や食事で減らすことも比較的簡単です。
お腹がぽっこりしてきた中年女性は検診を受けましょう。メタボリックシンドロームと診断されたならウォーキングなどの有酸素運動と食事に気をつけていれば自然とぽっこりお腹も解消されることでしょう。

手遅れにならないようにダイエットに励みましょう!!