飲酒で睡眠の質はどんどん悪くなる

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

人気のおすすめ記事

  1. 【悪用厳禁】マクドナルドでポテトやドリンクを無料で貰う裏ワザ!
  2. 駐車場代を無料にする裏技
  3. LINEの無料通話の品質を上げる裏技
  4. スマホの通話料金を劇的に下げる裏ワザ!
  5. iPodやタブレットでLINEを使う裏ワザ!もちろん通話も無料!
  6. 当サイト管理人がヤフオク詐欺にあった話...

寝づらい夜などはお酒を飲むと寝やすくなりますよね。

これは当然なんです。お酒を飲むと睡眠までの時間が短くなります。

日本人は不眠解消のためにお酒を飲むと答える人の割合が1位だそうです。
また逆に不眠解消のために医師に相談すると答える人の割合は最下位です。

でもこれたぶん日本人に限らず飲酒=睡眠という間違った解釈をしている人多いと思います。

確かに寝始めは気持ちいいのですが、問題は睡眠の質です。

お酒を飲んで睡眠をとることで、本来なら体を休めるための睡眠ですが、アルコールを分解するために肝臓がフルパワーで働きます。
そして分解されたアルコールはアセトアルデヒドという物質に変わります。
このアセトアルデヒドがやっかいな物質で、睡眠とは真逆の覚醒佐用があるのです。

お酒を飲んで素早く眠りについたとしても数時間でハッと目が覚めてしまうのはそのせいです。
また多量のお酒を飲んでしまった場合などに起こる二日酔いはアセトアルデヒドが血中に残ってしまっている状態です。
酒は飲んでも飲まれるなというのはそういうことです。

少量のお酒を就寝3時間前までに飲むことでストレスを発散させて気持よく寝床につける状態が一番いいのです^^

睡眠中まで肝臓を酷使してはダメです。
もちろんこの状態では就寝後3時間で分泌される成長ホルモン(痩せホルモン)も分泌されません。

お酒は適量を適時にお楽しみください♪