虫歯もないのに歯が痛むのはPMSのせい

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

人気のおすすめ記事

  1. 【悪用厳禁】マクドナルドでポテトやドリンクを無料で貰う裏ワザ!
  2. 駐車場代を無料にする裏技
  3. LINEの無料通話の品質を上げる裏技
  4. スマホの通話料金を劇的に下げる裏ワザ!
  5. iPodやタブレットでLINEを使う裏ワザ!もちろん通話も無料!
  6. 当サイト管理人がヤフオク詐欺にあった話...

【PMSについて】
yakujimanさん


PMS(月経前症候群)とは、文字通り、月経が始まる前に起きてくる症状です。通常は生理の2週間前くらいから、憂鬱な気分になったり、いらいらしたり、下腹や乳房が痛くなったりします。
これは黄体ホルモンが増加することにより起こると言われています。

歯が痛いというと、月経とは全く関係ないように思いますが、月経前になると歯が痛むという場合は、PMSの症状の一種の可能性があります。
ホルモンであれば、歯医者は関係ないと思うかもしれませんが、痛みは体の弱っているところに出やすいもので、体調の変化に伴い、軽い歯肉炎を起こしやすくなったり、知覚過敏を起こしやすくなったりします。

痛む部分は他の部分に比べて負担がかかっていたり、軽い炎症が起きていたりする場合がありますので、虫歯ではなくても歯医者さんでしっかりと診てもらうようにしましょう。
頭痛など他の痛みがある場合は、頭痛・生理痛・歯痛のいずれにも効く市販の痛み止めも、一時的に症状を抑える対象療法としては有効です。
PMSによる歯痛は、月経が終わると症状がなくなってしまう場合がほとんどですが、毎回月経の度に痛みが繰り返したりします。
普段、負担がかかっていたり弱ったりしている部分の症状が出やすいといった側面もありますので、歯医者で弱っている部分を早期に治すチャンスという捉え方もできるかと思います。