SIMフリー時代突入!しかしLINEアプリとの相性は最悪

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

人気のおすすめ記事

  1. 【悪用厳禁】マクドナルドでポテトやドリンクを無料で貰う裏ワザ!
  2. 駐車場代を無料にする裏技
  3. LINEの無料通話の品質を上げる裏技
  4. スマホの通話料金を劇的に下げる裏ワザ!
  5. iPodやタブレットでLINEを使う裏ワザ!もちろん通話も無料!
  6. 当サイト管理人がヤフオク詐欺にあった話...

わたしも日常的にフル活用しているLINEですが、実はSIMフリー機種との相性はあまりよろしくありません。

LINEは登録時に電話番号が必要

LINEは登録する時に電話番号を入力してSMSメッセージで送られてくるコードを入力して認証します。ということはLINEを利用するにあたっては格安SIMといえども「電話番号付きSIMカード」が必要となるということです。

通常データ専用SIMカードなら月3GB使えて900円程度から販売されているのですが、電話番号付きのSIMカードとなると更に700円ほどの追加費用が必要となります。

月に700円ということなので年間8400円の負担増となります。激安運用を目指している方の中にはLINEの通話で電話料金を浮かせてやろうと考えている人も少なくないと思います。

電話番号がないSIMカードでLINEに登録する方法

裏ワザ的に自宅電話番号やLINEで使用していないおじいちゃんやおばあちゃんの携帯番号を使わせてもらって登録するということも可能です。
この時、通常はSMS(メール)で送られてくる認証コードを自動音声案内で伝えてもらいましょう。もちろん手元に登録する電話番号があればスムーズですが、遠くに離れている親戚でも、認証コードだけメモに控えてもらってればOKです。

格安SIMではLINEのID検索ができない

これはもう仕方がないことなのですが、LINEを使った事件が多いことからLINEが各キャリアに対して年齢認証を求めているのです。しかし、格安SIMを提供しているMVNO事業者はそのような年齢認証システムを利用できません。IIJmioなどdocomo系の回線を使っている場合はLINEで年齢認証しようとするとdocomoのページに遷移されてしまいますがdocomoIDやパスワードを持っているわけではないので年齢認証はできません。

よって格安SIM運用というのは月額利用料的には安く運用できるが、まだまだアプリ側が対応してくれてないので不便な部分もあるということです。

LINEはスマホ1端末にしかインストールできない

わたしもこのシステムにはかなり不便を感じております。
普段はXperia Z Ultraという日本で発売されているスマホの中で一番巨大なスマホ(ファブレット)を持ち歩いております。
このXperia Z Ultraは大きいだけあってHuluの動画を見たり電子書籍を読んだりWEBページ閲覧にも最適で家でも外でもずっと片時も離さず持ち歩いているのですが、軽く運動したりお尻のポケットが窮屈なズボンをはいてたりする時にどう持ち歩くかで悩んでおります。

そんな時にSIM下駄を履かせたソフトバンクのiPhone4sにSIMを差し替えて持ち歩きたいのですが残念ながらLINEだけは他端末に移すとトーク履歴などが全て初期化されてしまうのです。

できるだけスマホ運用費用を抑えたいので、普段からLINEやFacebookメッセンジャーで通話しております。オシャレ感覚で持ち歩くスマホを自由に選べる格安SIM時代にLINEが複数端末で使えないというのは致命的です。。。

他の通話メッセージアプリも試してみましたが今のところ複数端末に対応した使いやすいアプリはありません。
※Facebookメッセンジャーアプリは抜群に良いのですが身内とFacebookで繋がりたくないというややこしい問題があります^^;