夏は抜け毛の原因が盛りだくさん!秋の抜け毛に備えた正しいシャンプー方法

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

人気のおすすめ記事

  1. 【悪用厳禁】マクドナルドでポテトやドリンクを無料で貰う裏ワザ!
  2. 駐車場代を無料にする裏技
  3. LINEの無料通話の品質を上げる裏技
  4. スマホの通話料金を劇的に下げる裏ワザ!
  5. iPodやタブレットでLINEを使う裏ワザ!もちろん通話も無料!
  6. 当サイト管理人がヤフオク詐欺にあった話...
抜け毛対策

今年は1000年に一度と言われる猛暑。。。

・紫外線
・冷房
・海水浴
・湿気

夏のダメージヘアは大丈夫でしょうか???

なんと!?
サーモグラフで見てみると頭の温度は50度近くまで上がっております。

夏に受けた頭皮のダメージを放っておくと
秋に抜け毛の原因になることがあるようです。

[夏に気になる髪の悩み]

1位:髪のダメージ
2位:ベタつき
3位:ニオイ
4位:頭皮・毛穴の汚れ
5位:乾燥・パサつき

そこで本日は、
「今日から使えるヘアケア術」でお悩み解決といきましょう!!

夏は髪にとって過酷な季節です。
何と紫外線は肌よりも髪の方が4~5倍ダメージを受けてしまうのです。

そして意外なのがエアコンの風!
この風が当たると髪が乾燥してダメージを受けます。
もちろん体を冷やしてしまって血行不良により抜け毛が増えたりもします。

海で遊んだり、プールの塩素などで髪がギシギシしたりするのもかなりのダメージです。
トリートメントを持参しましょう。

暑くて湿気もある季節なので髪の内部が蒸れて菌が繁殖する事でニオイが気になるのです。

また、夏バテで食事の栄養バランスが崩れるのも髪にダメージを与える原因となります。

これだけの説明で夏が髪に与える影響の大きさがわかると思います。

【ダメージヘアチェック】
□外出する時、防止や日傘を使わない
□この夏、海・プールへ行った
□髪・頭皮用のUVケアをしていない
□朝と夜に2回シャンプーをする
□クーラーの効いた室内にいることが多い
□ドライヤーは熱いので髪は自然乾燥
□髪にツヤがなくクシ通りが悪い
□毛根に比べ毛先が脱色している
□頭皮を指で押すと硬い

以上のチェックで一つでも当てはまる人は髪にダメージを受けている可能性大です!!

そして秋は抜け毛の季節と言われるのです。。。

通常、人の髪の毛は約10万本生えている。
そして一日50〜100本ほど抜けている。

しかし、髪は抜けてもまた生えてくるのが通常なのだが、ダメージを受けた髪は生え変わらない!
頭皮を健康に保ち、新しい髪をしっかり成長させる事が重要なのです。

自宅でできるヘアケア術

・夏は汗をかくので毛穴に汚れが溜まります。週に2〜3回はシャンプー前にクレンジングを。
・シャンプーは2回する。1回目は髪全体を丁寧に洗う。2回目は頭皮を中心にマッサージしながら洗う。
・髪を洗い流す時の水温は38〜40度がベスト。
・この時しっかりゆすがないとかゆみの原因になる。すすぎ残しはNG!!
・トリートメント後もよくすすぐ!!
・髪の毛を乾かすときは地肌から。こすらずにたたいて水分を取る。
・髪を拭いたら頭皮マッサージ。指の腹を使って頭全体をマッサージ。
・最後にドライヤーでぶい〜んと乾かしましょう。

[髪のベタつき] 原因:汗が紫外線を浴びる→汗が酸化→皮脂と混ざりベタついた頭皮に
対策:汗をかいた日は寝る前にシャンプーをする。汚れをしっかり落とす。

[フケ・かゆみ] 原因:汗をかく→汗と皮脂が混ざる→頭皮が炎症を起こす。
対策:洗わない× 洗いすぎ× 異常が続く場合は病院へ。

[ニオイ] 原因:湿った髪を放置→髪に菌が増殖→ニオイの原因
対策:濡れた髪を放置しない。頭皮をクレンジングする。

[抜け毛・枝毛・切れ毛] 原因:紫外線、皮脂、汗、乾燥→髪の成長を妨げる→抜け毛の原因。
対策:頭皮の保湿と栄養補給。頭髪専門クリニックへ相談。

正しいヘアケアで抜け毛対策はバッチリですね^^

抜け毛対策