iPhoneの登場から今後の10年を勝手に想像してみた

amazonタイムセール開催中! 楽天めちゃ売れランキング!

人気のおすすめ記事

  1. 【悪用厳禁】マクドナルドでポテトやドリンクを無料で貰う裏ワザ!
  2. 駐車場代を無料にする裏技
  3. LINEの無料通話の品質を上げる裏技
  4. スマホの通話料金を劇的に下げる裏ワザ!
  5. iPodやタブレットでLINEを使う裏ワザ!もちろん通話も無料!
  6. 当サイト管理人がヤフオク詐欺にあった話...
iPhoneの登場から今後の10年を勝手に想像してみた

日本で発売された最初のiPhoneがiPhone3G!
こいつが2008年7月11日にSoftBankから発売されました。

本日のお題は、「今後10年で世間はどんな感じで変わっていくのだろう」です。
実は私も当時iPhone3Gに沸いた層のひとりです。確かauぐらいのガラケーを使ってたと思うのですが、2年縛りが終わってすぐにSoftBankのiPhone3Gに変更しました。

なぜそこまでiPhone3Gに魅せられたのか

当時はスマホもガラケーもそんなキーワードは皆無でした。そんな中でiPhoneに魅せられた理由は何と言ってもApple製品だということ。つまりブランド力。かっこよさだけなら他のガラケーとは比べものにならない!群を抜いてかっこよかったのです。他にもブラックベリーとかあったけど物理キーのないiPhoneは斬新すぎたのです。

自分的にはデザインと並んで決めてとなったのが「フルブラウザ対応」である。今でこそWEBサイトなんてものはスマホ対応と言ってスマホで見やすいように自動でリサイズされたりスマホ専用ページなんかを表示させたりしてます。

ブラウザでホームページを見て、今では当たり前ですがピンチアウトで拡大できたのには感動すら覚えました。

フルブラウザで表示されるということは、Gmailに接続すればいつでもPCメールが確認できるということです。それも非常に重要な決めてとなりました。

iPhone3Gから見る今後の10年

iPhone3Gが発売された当初はコピペもできない機能性ナシ端末と言われてましたが、日々のバージョンアップなどで今では日本のシェアNo. 1の機種になっております。
ネットもAppleもMacも興味がないようなマイルドヤンキーでもみんなiPhone使ってます。
iPhoneが日本で発売されてからまだ10年経ってないんですよ!?

ここから考察する次の10年。

宅配はドローンメインになってるでしょう。
スマホという端末ではなくなっているかも知れないが、何かしら手に持つ端末で電話したり通信したりはしてるんでしょうね。(携帯電話からのスマホという歴史は意外と長いので急に変わったりはしないと考えた)
バッテリー効率が上がるので車はほとんどガソリン使わなくなるんじゃないでしょうか。
少子高齢化が進み続けるので日本でもベーシックインカム導入されているかも知れません。
ARが普及して視界の全てが情報で溢れてそう。
お金持ちの車はもちろん自動運転。
コンビニやスーパーのレジは全てセルフ。というかamazon GOみたいにゲートを通るだけで自動的にカードから引き落とされるシステムになってると思う。
多くの仕事はAIとロボットが持っていく。
欲しいものは3Dプリンターで自作。

パッと思いついただけでもかなり時代はかわるんじゃなかろうかと想像してしまえます。

10年後に生き残る仕事

仕事についてはもう少し深く考えてみます。
ロボットやAI、宇宙、ロケットというような近未来型な仕事はどんどん需要が増していくと思います。
消える典型的なものとしては、株価を読む人とか。AIに任せた方がより確実ですよね。
牛丼屋の店員なんかはなくなるかも。
トラックドライバーやバス、タクシーの運ちゃんは自動運転が普及すればなくなるだろうし学校の先生なんてのもロボット先生の補佐程度の仕事になるかも・・・

考えただけで怖いけどおもしろそうな時代です。

どんな世界になっているのかを確かめるためにも長生きしないといけませんね。

iPhoneの登場から今後の10年を勝手に想像してみた